足にあるインナーマッスルの鍛え方

インナーマッスルは胴体だけでなく、下半身にも存在することをご存知でしょうか?こちらでは、足のインナーマッスルにスポットを当て、鍛え方のポイントについてもご紹介いたします。

インナーマッスル=体幹ではない

インナーマッスルと聞くと“体幹”をイメージしていませんか?「幹」という文字を含む体幹は体の太い部分の胴体を意味する言葉で、胴体にある筋肉も体幹と呼びます。一方のインナーマッスルは、体の深部にある筋肉を意味する言葉です。体幹にはインナーマッスルの他、体の表層にあるアウターマッスルも存在しています。

インナーマッスルは深層筋とも呼ばれる小さな筋肉の総称ですから、全身に存在しています。そのため、上半身と共に下半身のインナーマッスルもまんべんなく鍛えることで、全身の筋肉バランスは整いやすくなるのです。足は内転筋などの大きな筋肉が集まる部位で、全体の筋肉量のうち約6割は下半身にあるとも言われています。

スクワットで足にあるインナーマッスルを鍛えよう

スクワットで足にあるインナーマッスルを鍛えよう

足のインナーマッスルもバランスよく鍛えて、パフォーマンスの向上につなげましょう。特にスクワットは、インナーマッスルにダイレクトに届く鍛え方。太ももと背筋、呼吸を意識して、ゆっくり丁寧に行うのがポイントです。

1.足を肩幅よりも少し広めに開いて立ちます。両手は頭の後ろか、前で合掌したりボールを持ったりしても問題ありません。顔は正面を向き、背中が曲がらないようにします。

2.息を吸いながら、お尻を後ろに突き出すイメージで腰を落とします。地面と太ももが平行になりましたら、そのまま2秒程キープしましょう。膝は足先よりも前に出ないよう意識してください。

3.息を吐きながら、ゆっくりと上体を上げていきます。この時、膝が伸びきってしまわないのがコツ。15回繰り返すのを1セットとし、30秒のインターバル後に2セット行ってください。

下半身の強化にフィットネスチェアを活用しよう!

下半身の強化にフィットネスチェアを活用しよう!

スクワットの他、下半身の強化に役立つインナーマッスルの鍛え方には、フィットネスチェアを使ったふくらはぎの鍛え方もあります。

株式会社バランスワン・ジャパンが販売するフィットネスチェア「ワブリー」は、今までになかったスツール型のバランスボール&フィットネスチェアです。座りながら前後左右にゆらゆらするだけで体幹を鍛えられる上、平らな面を底面にして使えばシーテッド・カーフレイズ(かかとを上げ下げしてふくらはぎの筋肉を鍛えるトレーニング)に役立ちます。

今までに類を見ないユニークな鍛え方となっていますので、楽しく足のインナーマッスルを鍛えたい方は、ぜひお試しください。

株式会社バランスワン・ジャパンでは、オリジナルの筋トレ器具を多数販売しています。こちらでご紹介しましたワブリーをはじめ、下半身の強化に役立つスライドボード、疲弊した筋肉を優しくほぐす足つぼマットなど種類も豊富です。筋肉量をアップさせたい方はもちろん、健康維持やダイエット目的の方にもおすすめですので、ぜひラインナップをチェックしてください。

健康維持・ボディメイクに最適なトレーニング器具

インナーマッスルの鍛え方にお悩みなら株式会社バランスワン・ジャパンの筋トレ器具を!

会社名 株式会社バランスワン・ジャパン
住所 〒135-0046 東京都江東区牡丹
代表者 湘田 英明
電話番号 03-6666-2595
メールアドレス balance1japan@e-mail.jp
URL http://balance1japan.com