オフィスワーカーは腰痛になりやすい!?体幹グッズで対策を!

長時間パソコンに向かうオフィスワーカーは、腰痛になりやすいと言われています。辛い腰痛予防におすすめなのが、仕事をしながらボディケアとトレーニングができる体幹グッズの利用。株式会社バランスワン・ジャパンでは、オフィスでも家でも使用可能な体幹グッズをご用意していますので、ぜひご利用ください。

こちらでは、なぜオフィスワーカーが腰痛になりやすいのか見ていきます。

オフィスワーカーが腰痛になりやすい理由

仕事に専念するオフィスワーカー

座り姿勢は腰への負荷が大きい!

座った姿勢は立っているときよりも、腰への負荷が大きくなります。立ち姿勢では、大きな複合筋がある下半身で上半身を支えていますが、座ると上半身の重さを脊椎や椎間板、腰の筋肉などで支えるため、腰にはかなりの負荷がかかっているのです。

乱れた姿勢で腰への負担が倍増する

長時間座っていると、次第に背中が丸まって猫背になったり、反り腰になったり、顎を前に突き出すなどの姿勢の乱れが生じてきます。人間の背骨は本来S字カーブを描いていますが、姿勢の乱れによって背骨も歪みやすく、体重の負荷が腰や背中にかかって腰痛になるケースも少なくありません。

筋肉の柔軟性が低くなる

座りっぱなしの時間が長いほど、動かさない筋肉が硬くなって血流が滞りやすくなります。すると乳酸が溜まって筋肉の疲労が蓄積し、痛みが続くため要注意です。また、運動不足で椎間板や腰周りの筋肉が衰えることも一因になります。筋肉量が減ると代謝が落ちるため、脂肪がつきやすくなって体重が増加し、さらに腰への負荷がかかるという負のループにもつながるのです。

オフィスでのデスクワークが体幹グッズでトレーニングに?!

カラフルなフィットネスチェア「ワブリー」

オフィスで6時間以上も座って過ごしている方、「腰痛をどうにかしたい!」とお考えでしたら、まず姿勢を見直しましょう。頭頂部から糸で吊られているイメージで、背筋がまっすぐになるよう座ります。また、姿勢が崩れにくい椅子の活用もおすすめです。

そこでお試しいただきたいのが、株式会社バランスワン・ジャパンが販売するフィットネスチェア「ワブリー」です。片方の底面がバランスボールのようになっており、ゆらゆら揺れるだけでお腹やお尻周りの筋肉を鍛えるトレーニングになります。腰や背中にかかる負担を和らげるため、一般的な椅子で腰痛になった方も安心してお使いいただけます。

デスクワークに適した高さがあり、もう片方の底面は平らで機能性に優れた一押しの体幹グッズです。

フィットネスチェア「ワブリー」は、起きている時間の半分を過ごすオフィスで、デスクワーク中の時間を有効活用できる便利な体幹グッズです。株式会社バランスワン・ジャパンの通販ページからお買い求めいただけます。フォームローラーとしても使用できるため、仕事の休憩時間などに気軽にリフレッシュできる点も魅力です。椅子でもありトレーニング可能な体幹グッズでもある便利な商品となっていますので、ぜひチェックしてください。オフィスだけでなく自宅用の椅子としてもお使いいただけます。

健康維持・ボディメイクに最適なトレーニング器具

オフィスでのデスクワーク中も体幹グッズでトレーニング

会社名 株式会社バランスワン・ジャパン
住所 〒135-0046 東京都江東区牡丹3丁目
代表者 湘田 英明
電話番号 03-6666-2595
メールアドレス balance1japan@e-mail.jp
営業時間
  • 平日 9:00~17:00
  • ネットでのご注文は24時間受付
商標登録番号 第6031557号
おもてなし規格認証
  • 経済産業省創設
  • おもてなし規格認証2018
  • 登録番号 第 02077155 号
URL https://balance1japan.com